乗らなくなった車は賢く廃車専門業者へ|格安料金で処分ができる

車
  1. ホーム
  2. 廃車にするより売ろう

廃車にするより売ろう

お金

動かなくても大丈夫

所有している車が故障して運転できなくなった場合、廃車にすることが考えられますが、その前に故障車を買取してくれる会社に査定してもらうことをおすすめします。故障車であっても、自動車内部の部品がまだ使える状態であれば、部品だけリサイクルすることができますので、買取の対象になることがあるからです。また、車を動かすことができない状態だとしても、自宅まで査定しに来てもらえますし、買取が成立した場合はそのまま引き取ってもらうことができますので、故障車を売る側が特別な手続きをする必要はありません。査定から買取まで、スムーズに取引することが可能ですから、故障車の処分に困っている方は、買取会社の利用を検討してみましょう。

売る時は書類を確認

実際に故障車を売却することになった場合、自動車の名義変更などの手続きは買取会社が行ってくれる所がほとんどです。このため、売却する側が用意しておくものとしては、車検証や自賠責保険証などの書類の他にも、自動車のリサイクル券を必ず用意しておきましょう。このリサイクル券は、自動車を購入した時にリサイクル料を支払ったことを証明するものであり、買取会社に故障車を売却した際に戻ってくるお金です。ですから、故障車の売却時に忘れずにリサイクル券を提示することが大切です。ただし、買取会社によっては、リサイクル料金が査定額に含まれているケースもありますので、査定してもらった時に確認しておけば、トラブルも避けられます。